You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

患者様によりそう人工呼吸器

私たちの目標は、使いやすく、成人、小児、新生児に関わらず、患者様を安全かつ快適な人工呼吸環境に保つことです。

なぜ SERVO 人工呼吸器が良いのでしょうか?

患者様の安全性を向上

SERVO 人工呼吸器によって、作業量、使用エラーや万一のリスクを軽減。[1]

適切なサポートの提供

より少ない合併症とより少ない鎮静で機械換気から患者様を早期離脱。[2] [3] [4]

お客様のニーズに対応

新生児から成人まで、いかなる症状またあらゆる体格の患者様に高品質の換気を提供します。

費用対効果

信頼できる性能、病院連携システムへの接続が簡単。

患者様の安全性の向上

患者様の安定を保ち、スタッフの作業量を削減

Critical Care に関する最近の研究では、使いやすい人工呼吸器を選択することで、患者様の安全とスタッフの仕事量に良い影響を与えることができます。[1]

使いやすさについて

「まるで機器の中に説明書が用意されているかのようです」

SERVO-U / n / air 人工呼吸器には、モニターにインストラクションが表示されます。換気モードと設定に関する情報を、画面上の文字ガイダンスにて提供するのが特徴です。画像は設定がどのように換気に影響するかを表示します。 またアラーム時の対応方法:SAFETY SCALE™ その他の情報も含まれます。

← 詳細は左の動画をご覧ください。

適切な換気で人工呼吸器からの早期離脱を
可能にする

多くの ICU 患者様が人工呼吸器による呼吸困難を経験したことが、複数の論文で報告されています。これらの患者様は、いくつかの換気上の問題 [5] に直面し、不相応な換気が供給されます。[6]

これらの課題については、以下をご覧ください。

課題: 呼吸不全の患者様の挿管回避

非侵襲的換気補助は、挿管の必要性および結果として生じる人工呼吸器関連肺炎(VAP)[7]、過剰な鎮静作用 [8]、せん妄 [9]、ICUAW [10]といった合併症を減らすことが可能です。非侵襲的補助は、患者様の能動性を保持することを可能にし、今や多くのICUで採用されている戦略です。SERVO-U®は、患者様を非侵襲的換気で補助するための複数の選択を提供します。

SERVO-U について:さらに詳しく

課題: 制御換気中の人工呼吸器誘発肺損傷(VILI)の予防

時には、患者様の呼吸を完全制御する必要があります。barotrauma、volutrauma、atelectraumaはすべて潜在的に起こり得る結果です。しかし、その発生を減らすことができます。[11]  SERVOCOMPASS®は、予想体重 1kg あたりのドライビングプレッシャーおよび一回換気量に対する変化をより容易く確認するのに役立つツールです。それは生存に強く関連するパラメータです。[12] [13]

← SERVO COMPASS については、左の動画をご覧ください。

課題: 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)治療の適正化

ARDS の肺は透過性が亢進するため、循環動態をモニターする必要があります。アドバンスモニタリングは、肺水腫の診断、鑑別により血流と体液管理を適正化し、ガス交換を改善して、人工呼吸器装着期間の短縮に寄与します。[14] [15] [16] [17] [18]

ARDS について:さらに詳しく

課題: 補助換気中の人工呼吸器誘発肺損傷(VILI)の予防

複数の研究が、神経調節補助換気(NAVA®)は、人工呼吸器の同調性とガス交換を改善し、肺保護自発呼吸を促進することを証明しています。[19] [20] NAVA使用時、肺と上気道の呼吸中枢と呼吸反射は、肺が過剰膨張した場合、瞬時に一回換気量を制限します。これは患者様に、各自の一回換気量と呼吸パターンを選択する機会を与え、VILIを制限する可能性があります。[21] [22]

課題: 人工呼吸器誘発横隔膜麻痺の回避(VIDD)

横隔膜の厚さは、機械換気を開始してわずか 48 時間後に 21% 減少する可能性があります。[23] 横隔膜の活動を特定することは困難な可能性がありますが [24] 、Edi 信号の監視により、患者様の横隔膜活動を見ることができ、NAVA は、より少ない過剰および過小補助期間により、横隔膜の効率を向上させます。[25] [26]  


Edi の詳細については、右の動画をご覧ください →

課題:人工呼吸器非同調性の回避

非同調性の程度が高い患者様は、転帰が悪く、呼吸器装着期間が長くなります。[27] [28] [29] [30] 人工呼吸器非同調性はまた、ICU における全鎮静は患者様の 42% にみられます。[31] 横隔膜の活動(Edi)を監視することは、非同調性の検出を容易にし、人工呼吸器の設定を患者様のニーズに合わせて適合できます。[32]

← Edi の機能については、左の動画をご覧ください。 

課題:人工呼吸器からの離脱遅延の回避

最近の研究では、患者様の 29% が横隔膜機能不全により人工呼吸器からの離脱失敗を経験したことが示されています。これにより、人工呼吸器の装着時間が最長 16 日間延長します。[23] しかし、NAVA のおかげで、より少ない鎮静作用と横隔膜の活動によって患者様をより快適に保ち、また患者様の人工呼吸器からの早期離脱を促進する可能性があります。[2] [3] [4] さらに、横隔膜の活動 ( Edi ) を監視することは、人工呼吸器からの離脱準備状況を評価し、人工呼吸器の補助がない場合においても、呼吸を監視するのに役立ちます。[32]

あらゆる状況に換気を適応

呼吸療法の煩雑さから
医療チームを解放

タービン換気は、ICU から病棟まで病院全体で、高品質換気がより利用しやすくなります。また SERVO-air™ は、侵襲および非侵襲性換気を提供します。

MR 環境

SERVO-i® MR は、MR 治療中、重症患者様のケアの継続を提供します。様々な換気オプションが全患者カテゴリーで使用可能です。

新生児集中治療室

新生児の呼吸、睡眠、成長補助。SERVO-n は、小さな肺、速い呼吸数、リークという問題を最小限に抑えるのに役立ちます。[33] [34]

費用対効果

費用対効果の高いケア

SERVO 人工呼吸器は、学びやすく、使いやすく、清掃が必要な部品はより少なく、手間がかからず、簡単なトレーニングでご使用いただけます。

お客様の環境に合わせて接続

SERVO 人工呼吸器は、多数の PDMS システムと患者モニタに接続します。[1] HL7 変換器は、システムを IHE テクニカルフレームワークに適合させます。

スマートなフリート管理

人工呼吸器と交換可能なプラグインモジュールは利便性を高め、高性能人工呼吸器がより多くのモバイルソリューションと並行して動作することを可能にします。

拡張性のあるサービスプログラム

Getinge のリモートサービスは、病院コンピューターから機器上の情報監視とアクセスに役立ちます。純正消耗品および部品ラインは、お客様の SERVO 人工呼吸器を維持します。

参考文献

  1. 1. Plinio P. Morita, Peter B. Weinstein, Christopher J. Flewwelling, Carleene A. Bañez, Tabitha A. Chiu, Mario Iannuzzi, Aastha H. Patel, Ashleigh P. Shier and Joseph A. Cafazzo. The usability of ventilators: a comparative evaluation of use safety and user experience. Critical Care201620:263.

  2. 2. Emeriaud G, et al. Evolution of inspiratory diaphragm activity in children over the course of the PICU stay. Intensive Care Med. 2014 Nov;40(11):1718-26.

  3. 3. Bellani G, Pesenti A. Assessing effort and work of breathing. Curr Opin Crit Care. 2014 Jun;20(3):352-8.

  4. 4. Barwing J, et al. Electrical activity of the diaphragm (EAdi) as a monitoring parameter in difficult weaning from respirator: a pilot study. Crit Care. 2013 Aug 28;17(4):R182.

  5. 5. Goligher EC1, Ferguson ND2, Brochard LJ3. Clinical challenges in mechanical ventilation. Lancet. 2016 Apr 30;387(10030):1856-66.

  6. 6. Jarr S, et al.Outcomes of and resource consumption by high-cost patients in the intensive care unit. Am J Crit Care. 2002 Sep;11(5):467-73.

  7. 7. American Thoracic Society; Infectious Diseases Society of America. Guidelines for the management of adults with hospital-acquired, entilatorassociated, and healthcare-associated pneumonia. Am J Respir Crit Care Med. 2005;171(4):388-416.

  8. 8. Kress JP, Pohlman AS, O’Connor MF, Hall JB. Daily interruption of sedative infusions in critically ill patients undergoing mechanical ventilation. N Engl J Med. 2000;342(20):1471-1477.

  9. 9. Ely EW, Shintani A, Truman B, et al. Delirium as a predictor of mortality in mechanically ventilated patients in the intensive care unit. JAMA. 2004;291 (14):1753-1762.

  10. 10. Kress JP, Hall JB. ICU-acquired weakness and recovery from critical illness. N Engl J Med. 2014; 370(17):1626-1635. Slutsky AS. Neuromuscular blocking agents in ARDS. N Engl J Med. 2010;363(12):1176-1180.

  11. 11. Slutsky AS, Ranieri VM. Ventilator-induced lung injury. N Engl J Med. 2014 Mar 6;370(10):980.

  12. 12. Ventilation with lower tidal volumes as compared with traditional tidal volumes for acute lung injury and the acute respiratory distress syndrome. The Acute Respiratory Distress Syndrome Network. N Engl J Med. 2000 May 4;342(18):1301-8.

  13. 13. Amato et al. Driving pressure and survival in the acute respiratory distress syndrome. N Engl J Med. 2015 Feb 19;372(8):747-55.

  14. 14. Tagami T, Kushimoto S, Yamamoto Y, Atsumi T, Tosa R, Matsuda K, Oyama R, Kawaguchi T, Masuno T, Hirama H, Yokota H. Validation of extravascular lung water measurement by single transpulmonary thermodilution: human autopsy study. Crit Care 2010; 14(5): R162.

  15. 15. Mitchell JP, Schuller D, Calandrino FS, Schuster DP. Improved outcome based on fluid management in critically ill patients requiring pulmonary artery catheterization Am Rev Respir Dis 1992; 145(5): 990-8.

  16. 16. Monnet X, Anguel N, Osman D, Hamzaoui O, Richard C, Teboul JL. Assessing pulmonary permeability by transpulmonary thermodilution allows differentiation of hydrostatic pulmonary edema from ALI/ARDS. Intensive Care Medicine 2007; 33 (3): 448-53*

  17. 17. Hu W, Lin CW, Liu BW, Hu WH, Zhu Y. Extravascular lung water and pulmonary arterial wedge pressure for fluid management in patients with acute respiratory distress syndrome. Multidiscip Respir Med 2014; 9(1):3

  18. 18. McAuley DF, Giles S, Fichter H, Perkins GD, Gao F. What is the optimal duration of ventilation in the prone position in acute lung injury and acute respiratory distress syndrome? Intensive Care Med 2002; 28:414-8

  19. 19. Sinderby C, Navalesi P, Beck J, Skrobik Y, Comtois N, Friberg S, Gottfried SB, Lindström L: Neural control of mechanical ventilation in respiratory failure. Nat Med. 1999, 5: 1433-1436. 10.1038/71012.

  20. 20. Piquilloud L, Vignaux L, Bialais E, Roeseler J, Sottiaux T, Laterre P-F, Jolliet P, Tassaux D: Neurally adjusted ventilatory assist improves patient-ventilator interaction. Intensive Care Med. 2011, 37: 263-271. 10.1007/s00134-010-2052-9.

  21. 21. Brander L, Sinderby C, Lecomte F, Leong-Poi H, Bell D, Beck J, Tsoporis JN, Vaschetto R, Schultz MJ, Parker TG, Villar J, Zhang H, Slutsky AS: Neurally adjusted ventilatory assist decreases ventilator-induced lung injury and non-pulmonary organ dysfunction in rabbits with acute lung injury. Intensive Care Med. 2009, 35: 1979-1989. 10.1007/s00134-009-1626-x.

  22. 22. Patroniti N, et al. Respiratory pattern during neurally adjusted ventilatory assist in acute respiratory failure patients. Intensive Care Med. 2012 Feb;38(2):230-9.

  23. 23. Kim et al. Diaphragm dysfunction (DD) assessed by ultrasonography: influence on weaning from mechanical ventilation. Crit Care Med. 2011 Dec;39(12):2627-30.

  24. 24. Schepens T, et al. The course of diaphragm atrophy in ventilated patients assessed with ultrasound: a longitudinal cohort study. Crit Care. 2015 Dec 7;19:422.

  25. 25. Cecchini J, et al. Increased diaphragmatic contribution to inspiratory effort during neutrally adjusted ventilatory assistance versus pressure support: an electromyographic study. Anesthesiology. 2014 Nov;121(5):1028-36.

  26. 26. Di Mussi R, et al. Impact of prolonged assisted ventilation on diaphragmatic efficiency: NAVA versus PSV. Crit Care. 2016 Jan 5;20(1):1.

  27. 27. Thille AW, Rodriguez P, Cabello B, Lellouche F, Brochard L. Patient-ventilator asynchrony during mechanical ventilation: prevalence and risk factors. Intensive Care Med 2006;32(10):1515–1522.

  28. 28. Tobin MJ, etal. Respiratory muscle dysfunction in mechanically ventilated patients. Mol Cell Biochem 1998;179(1-2):87–98.

  29. 29. Sassoon CS, Foster GT. Patient-ventilator asynchrony. Curr Opin Crit Care 2001;7(1):28–33.

  30. 30. Blanch L, et al. Asynchronies during mechanical ventilation are associated with mortality. Intensive Care Med. 2015 Apr;41(4):633-41.

  31. 31. Pohlman MC, et al. Excessive tidal volume from breath stacking during lung-protective ventilation for acute lung injury. Crit Care Med 2008;36(11):3019–3023.

  32. 32. Colombo D, et al. Efficacy of ventilator waveforms observation in detecting patient–ventilator asynchrony. Crit Care Med. 2011 Nov;39(11):2452-7.

  33. 33. de la Oliva, Schuffelmann C, Gomez-Zamora A, Vilar J, Kacmarek RM. Asynchrony, neural drive, ventilatory variability and COMFORT: NAVA vs pressure support in pediatric patients. A nonrandomized cross-over trial. Int Care med. Epub ahead of print April 6 2012.