You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

心拍維持

オフポンプ冠動脈バイパス術(OPCAB)では、
心臓が動いたまま(拍動下)の状態で血管を吻合します。

オフポンプ冠動脈バイパス術(OPCAB)が転帰を改善し、リスクを減らすことを示す報告

大規模な研究により、オフポンプ冠動脈バイパス術(OPCAB)が、オンポンプ術と比べて患者様の疾病率および死亡率を減らし、急性腎不全の発生率を低下させ、輸血を減らし、術後の神経学的転帰を改善し、術後脳卒中のリスクを減らし、オンポンプ手術の代替として回復時間を短縮することがわかっています。[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

血行動態の安定性における戦略について

OPCAB: 微小塞栓による脳卒中のリスク削減

脳卒中と関連する主な原因の1つは、プラークの微粒子である微小塞栓が、血管からはがれて血流に入り、脳内に留まることによります。心拍動下手術(OPCAB)と比較して、脳卒中や認知機能障害のリスクは従来のバイパス手術でより大きいものとなっています。手術中の大動脈中の血流を遮断するためのクランプの使用は、これらの粒子が血流へ放出されると報告されています。[10] [11] [12] クランプしないことにより、外科医は大動脈の扱いを最小限に抑えることができ、神経学的合併症のリスクを減らすことができます。[13]

ACROBAT システムによる OPCAB– CABG 手術でクランプの使用を減らす

従来の CABG 手術では、人工心肺装置管理下の患者様に、主に2つのクランプ方法が用いられます。遮断クランプと部分閉塞(パーシャル)クランプです。 

OPCAB 手術では、遮断クランプは必要ではありません。医師の中には、大動脈にグラフトを縫合する時に無血視野にするため、部分閉塞(パーシャル)クランプを使用する可能性もありますが、医師が OPCAB の利点をより活用できる別の方法があります。

OPCAB ソリューションについて

大動脈クランプをやめ、CABG 手術のリスクを減らす

HEARTSTRING III は、CABG 中の大動脈クランプを必要としません。これは脳塞栓症 のリスクを減らし、患者様の神経認知的転帰を潜在的に向上します。

HEARTSTRING III の詳細

参考文献

  1. 1. Sedrakyan A, et al. Off-pump surgery is associated with reduced occurrence of stroke and other morbidity as compared with traditional coronary artery bypass grafting: a meta-analysis of systematically reviewed trials. Stroke. 2006 Nov;37(11):2759-69.

  2. 2. Puskas JD, et al. Off-Pump coronary artery bypass grafting provides complete revascularization while reducing myocardial injury, transfusion requirements and length of stay: prospective randomized comparison of 200 unselected patients having OPCAB verses conventional CABG. J Thorac Cardiovasc Surg. 2003;125:797-808.

  3. 3. Stamou SC, et al. Stroke after conventional versus minimally invasive coronary artery bypass. Ann Thorac Surg. 2002;74:394-399.

  4. 4. Van Dijk D, et al. Early outcome after off-pump versus on-pump coronary bypass surgery: results from a randomized study. Circulation. 2001 Oct 9;104(15):1761-6.

  5. 5. Puskas J, Cheng D, Knight J, et al. Off-pump versus conventional coronary artery bypass grafting: a meta-analysis and consensus statement from the 2004 ISMICS Consensus Conference. Innovations. 2005;1:3-27.

  6. 6. Ascione R, Angelini GD. OPCAB surgery: a voyage of discovery back to the future. Eur Heart J. 2003;24:121-124.

  7. 7. Angelini GD, Taylor FC, Reeves BC, Ascione R. Early and midterm outcome after off-pump and on-pump surgery in Beating Heart Against Cardioplegic Arrest Studies (BHACAS 1 and 2): a pooled analysis of two randomised controlled trials. Lancet. 2002;359:1194-1199.

  8. 8. Demers P, et al. Multivessel Off-Pump Coronary Artery Bypass Surgery In The Elderly. Eur J Cardiothorac Surg. 2001 Nov;20(5):908-12.

  9. 9. Mack MJ, et al. On-Pump Versus Off-Pump Coronary Artery Bypass Surgery in a Matched Sample of Women: A Comparison of Outcomes. Circulation. 2004 Sep 14;110(11 Suppl 1):II1-6.

  10. 10. Barbut D. et al. Cerebral emboli detected during bypass surgery are associated with clamp removal. Stroke. 1994 Dec;25(12):2398-402.

  11. 11. Pugsley W, et al. The impact of microemboli during cardiopulmonary bypass on neuropsychological functioning. Stroke. 1994 Jul;25(7):1393-9.

  12. 12. Barbut D, et al. Impact of embolization during coronary artery bypass grafting on outcome and length of stay. Ann Thorac Surg. 1997 Apr;63(4):998-1002.

  13. 13. El Zayat H, et al. Avoiding the clamp during off-pump coronary artery bypass reduces cerebral embolic events: results of a prospective randomized trial. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2012 Jan;14(1):12-6.