You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

透析アクセスにおける
新しい知見

全世界で、200万人以上の人々が透析治療を受けている、または腎臓移植を待っています。透析患者様の治療は、3種類の透析アクセスのいずれかを用います。AVF (自己血管使用皮下動静脈瘻)、AVG (人工血管使用皮下動静脈瘻)、カテーテル (中心静脈カテーテル) です。

一部の医師が「カテーテルは最終手段」と述べている理由

「AVFを第一選択に」 という考えは、今もなお全世界の透析治療のゴールドスタンダードです。しかしながら、すべての患者様が AVF を第一選択肢にできるわけではありません。医師によっては中心静脈カテーテル(CVC)を選ぶこともあり、AVG を選択するケースもあります。複数の発表にて、CVC に関連した重篤な合併症の増加が報告されており、その結果 「AVF を第一選択肢に、カテーテルは最終手段に」 という考え方へシフトしています。早期穿刺可能な AVG は、カテーテル関連合併症を回避する上で実行可能な選択肢です。

なぜ早期穿刺する上で、AVGが優れているのでしょうか?

中心静脈カテーテル(CVC)以外の早期穿刺の選択肢

AVF が選択肢になりえないこともあります。術者は、従来の PTFE グラフトに関連する合併症がなく、繰り返しの穿刺に耐えうるよう設計されたグラフトを必要とします。従来の PTFEグラフトに ついては汗かき、仮性動脈瘤などの合併症や(穿刺まで)2〜4 週間にわたる待機期間が必要といった理由により、多くの医師が中心静脈 カテーテルを選択しています。複数の発表にて、Flixene グラフトがこれまでの PTFE グラフトとは異なり、24-72 時間以内での穿刺が可能であったこと、従来の PTFE 人工血管と開存率が同等であったことが示されています。AVG 作製の際、Flixene グラフトと Getinge 独自のシステムトンネリング スライダー GDS と組み合わせてお使いいただくことで、Flixene グラフトは世界中の患者ケアの改善に貢献しています。

早期穿刺について

AVF 穿刺のための最適なテクニック

開存率を維持し、患者様が必要とするサービスのレベルを提供するため、適切な手術部位のケアとアクセス手順が不可欠です 。穿刺部位の決定、準備、 穿刺、血流確保のために正しい手順を行っていますか?  患者様に問題がないか、ケアが必要かを見極める徴候は何でしょうか?

詳細は KDOQI ガイドラインに従ってください。

Comparison among transposed brachiobasilic, brachiobrachial arteriovenous fistulas and Flixene (TM) vascular graft

この研究は、以下3つのうち1つの上腕アクセスを作製した患者様 108人の臨床転帰を比較しています。尺側皮静脈転位による上腕動脈 ― 尺側皮静脈間動静脈瘻(BBAVF)、自己腕頭静脈―上腕動脈アクセス(ABBA)、Flixene グラフト ePTFE 人工血管(AVG)。BBAVF は多くの患者様にとって理想的なアクセスである一方、著者らは AVG を用いた患者様における全体的な結果が(BBAVFに較べ)同等であったこと、AVG を用いた特定の患者様においては(BBAVFを用いた患者様より)転帰が改善したと述べています。

ePTFE グラフトを用いた上腕アクセスについて