You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

IABPカウンターパルセーション

高リスク患者様のための第一選択のサポート

機械的循環補助の "なぜ、いつ、誰が?"

大動脈内バルーンパンピング(IABP)は、その臨床的有効性、幅広い患者ケアを可能にする安全性、およびコストが低いことにより、長い間、機械的循環補助の第一選択となっています。

IABP に関する最近の論争は、数十年間の臨床診療で観察された利点と、ランダム化比較対象試験(RCT)から得られた結果が矛盾することが中心となっています。

この一連の教育プログラムは、現在の循環補助療法の背後にある生理学上の原理を振り返ります。

"なぜ、いつ、誰が?" について

機械的循環補助の初歩

循環作動薬や IABP 療法から(pVAD)および体外循環装置に至る機械的循環補助の背後にある生理学上の原理。

臨床の謎: 無作為化試験と臨床診療

この議論では、試験結果と臨床診療の間の相違について考察されています。

機械的循環補助のリアルワールド

ここでは、どのように機械的循環補助を選択するかが示されています。

教育プログラムが提供する
3つのモジュールシリーズ

 
  • 機械的循環補助の背後にある生理学上の原理: 循環作動薬や、 IABP 療法から、経皮的左室補助デバイス(pVAD)と体外循環装置に至るまで。
  • 試験結果と臨床診療との間にある違いが、考察のポイントです。
  • 機械的循環補助の患者選択は、どのように決定するべきでしょうか?

pVAD の臨床的、経済的有効性について誰もが知っておくべきこと

病院は、ハイリスク PCI や心原性ショック患者様の最初の治療として  IABP を使用することによって、年間最大 25億ドルの追加費用を避けることができるのです。

心原性ショックとハイリスク PCI の第一選択として IABP 治療が行われるべきです。

pVAD について:さらに詳しく

カテーテル処置室での装置選択
~患者様の実用的なサポート

 
話し手

Joseph L. Thomas医師

デイヴィッド・ゲフィン医科大学院 健康科学臨床 准教授
インターベンショナルカーディオロジーハーバー:UCLAメディカルセンター長

経皮的機械循環補助(MCS)は、装置がより小さく、効率的な導入が容易になり侵襲が少なくなったため、急速にその使用が増加してきています。こちらのオンデマンドセミナーでは、現在のエビデンス、合併症のリスク、費用を考慮して、経皮的冠動脈インターベンションにおけるハイリスクな患者様の治療にカウンターパルセーション療法を使用した専門家の経験を共有していただけます。

Thomas 博士によるオンデマンドセミナー