You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

カテーテル室で可能になる治療

カテーテル室における信頼

Getinge の信頼できる大動脈内バルーンパンピング療法は、
低侵襲的処置の信頼につながります。

IABP ~ 血行動態サポートにおけるケアのスタンダード

40年にわたる臨床データが信頼できる治療効果を裏付けています。大動脈内バルーンパンピング(IABP)療法は、合併症を最小限に抑え、優れた使いやすさ、確かな臨床成績によって、急性期血行動態サポートの第一の選択肢です。


IABP療法は、安全で効果的であり、使いやすいのです。

IABP 製品の詳細について

インターベンションにおいて
体外式膜型人工肺はどのように
使われるのでしょうか?

体外式膜型人工肺(ECMO)は、生存率を向上させることができる、カテーテル処置室における重要な選択肢です。このエキスパートセッションでは、心臓性ショックの場合の基本的な ECMO サポートについての見識、体外式膜型人工肺の新しい、また将来のアプローチについて情報を提供します。 

エキスパートセッションの詳細