You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

CSSDの自動化による時間の節約

労働力活用の適正化は多くの方法で達成可能であり、器材再生処理ワークフローに自動化を活用することは、その一つです。自動化は所定のステップでの手作業を減らし、時間を節約します。さらにお客様の時間を節約し、中断を減らします。

お客様のスペースを活用し、ニーズに合わせてカスタマイズ

洗浄カートは、オートマチックローディングコンベヤに装填され、ウォッシャーディスインフェクターの1つが利用可能になると、直ちにシャトルが自動的に次の洗浄カートをピックアップし、使用可能なウォッシャーディスインフェクターへ運びます。 

ケーススタディ: スェーデン、ヴァールベリ病院 ~  全自動ローディングアンローディングソリューション

「以前は、多くの人々が滅菌部署の洗浄室での仕事を敬遠していました。肉体的に疲れるし、大きな騒音の中での重労働だからです。でも、今ではそのような問題はありません」

ケーススタディをダウンロードする

スタッフの安全と生産性の維持

ウォッシャーディスインフェクター用の Getinge オートメーションシステムは、効率を高めます。汚染器材を、洗浄、消毒、検査、包装まで安全に搬送します。 

効率の向上について