You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

機械換気中の患者様の予後改善

ものの見方を変えると、そのもの自体が変わります。

使いやすい人工呼吸器をお持ちですか?

使いにくい人工呼吸器は、誤った使用や患者様のリスクにつながる可能性があります。[1] [2] [3]  では、どの人工呼吸器が最も使いやすいのか、どうしたらわかるのでしょう?

使いやすい人工呼吸器とは?

人工呼吸器からの離脱失敗は、もっと低減できるのでしょうか?

研究によると、人工呼吸された ICU 患者の 29%が、横隔膜機能不全により頻繁に人工呼吸器からの離脱失敗を経験したことが示されています。[4]  これは、最長16日間までの人工呼吸装着期間中、長くなるばなるほど増加します。

この研究はまた、人工呼吸器離脱可否を測定するために一般的に使用される、患者様の Rapid shallow breathing index (RSBI)の低い感度(26%)が、機械的換気を不必要に延長する可能性があることを示しています。

この研究について:さらに詳しく

機械換気を、アシストモードで改善する方法

Salvatore Grasso 博士は、横隔膜活動を監視することが、どのように換気を患者様のニーズに適応させるのに役立つかを語っています。 

左の動画をご覧ください。

機械換気中、重要な臨床上の課題を満たすには?

参考文献

  1. 1. Gravenstein JS. How does human error affect safety in anesthesia? Surg Oncol Clin N Am. 2000;9:81–95.

  2. 2. Gajic O, Frutos-Vivar F, Esteban A, Hubmayr RD, Anzueto A. Ventilator settings as a risk factor for acute respiratory distress syndrome in mechanically ventilated patients. Intensive Care Med. 2005;31:922–6.

  3. 3. Donchin Y, Seagull FJ. The hostile environment of the intensive care unit. Curr Opin Crit Care. 2002;8:316–20.

  4. 4. Kim WY, et al. Diaphragm dysfunction assessed by ultrasonography: influence on weaning from mechanical ventilation. Crit Care Med. 2011 Dec;39(12):2627-30.