You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

ICU ワークフロー改善の重要性

常に最悪のシナリオに対応できる必要がある集中治療室(ICU)は、患者様の生命を救う最後の砦とみなされています。より良いワークフローを維持しながらリソースを集めることは、患者様の早期離床を含む効率的な集中治療環境をサポートします。

スタッフの安全

合理的なワークフローの構築とは、電源コードや医療ガスアウトレットが床に配置される代わりにペンダントへ収納され、スタッフがつまづく危険を減らし、ICU の環境を改善することです。

作業環境

より良いワークフローによって患者様の頭部および頸部へのアクセスなど、高度で多様なケアがより容易になります。また、より良いワークフローにより、ケアに必要な機器が使いやすくなります。

効果的なケア

改善されたワークフローは、患者様にとってより良いリハビリ環境および心理的な幸福と快適さを提供します。それらがすべて、早期回復への手助けになります。

コスト削減

快適に構築された ICU ワークフローは、より効率的なケアを可能にし、患者様の ICU 在室日数を短縮し、さらに病院のコストを削減します。