You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

低流量麻酔は、肺、経済、環境の利点を
提供します

低流量麻酔では、再呼吸により患者様の分時換気量より少ないフレッシュガス流量(FGF)を使用します。この技術は、従来のシステムよりも麻酔薬の消費が少なくなり、大気中への麻酔ガスの放出が少なくなり、吸入気の流動力学も向上します。低流量麻酔は、一般的に毎分 1.0L 未満のフレッシュガス流量という特徴があります。さらに極小流量麻酔では、FGF は毎分 0.5L まで減少します。

なぜ、低流量または極小流量麻酔に
変えるべきなのでしょう?

フレッシュガス流量の減少は、いくつかの利点があります。

経済性

麻酔薬の消費コストは、麻酔器のオペレーションコストの大部分を占めています。手術室の麻酔薬消費量を減らすことは、全病院支出に良い影響をもたらします。

環境への影響

低流量麻酔では、麻酔薬の環境への放出量を減らすことができ、オゾン層のフッ化炭素および窒素酸化物への影響を軽減します。

患者様のために

低 FGF は、吸入気の流動力学が向上し、粘膜繊毛クリアランスを増加させ、体温を維持し、水分損失を減少します。また、低い流量は再呼吸システムにおいて高圧になりにくく、barotrauma のリスクを軽減します。

手術室スタッフの
ために

より少ない余剰ガスの大気への排出によって、手術室における麻酔ガスの濃度が大幅に低減されます。これは、手術室スタッフの職場リスクを抑えます。

フレッシュガス極小流量麻酔の理論と実践

カナダ麻酔学会誌の Brattwall らによる論評は、フレッシュガス極小流量麻酔の利点の概要を述べています。 それは日常的な臨床診療における低流量および極小流量麻酔の安全な実施に関する実践的ガイダンスを提供します。

低流量麻酔の潜在的なリスクには何がありますか?

低酸素ガス

低酸素ガスは、低流量麻酔管理時の最大のリスクです。再呼吸循環システムでフレッシュガス流量を減少させることは、フレッシュガスにおける供給 O濃度(FD)と吸入 O濃度(FIO2)の違いをもたらします。従って、FIOはフレッシュガス供給 O濃度(FDO2)よりも低くなります。これはいつも十分に認識されるとは限らず、設定が調整されていない場合、低酸素ガスが発生する可能性があります。アクティブ低酸素ガードは、低酸素ガスの形成を防ぐことがわかっています。 

麻酔の不十分な深度

低流量麻酔中不適切な麻酔ガス濃度の潜在的なリスクが存在します。自動ガス制御(AGC)システムにより、FGF、FIO2、EtAA を継続的に手動調整する必要がなくなります。FIOを直接ターゲットにすることは、低酸素症を避けるのに役立ちます。望ましい速度の EtAA をターゲットにすることは、過少または過剰投与のリスクを軽減します。

Automatic Gas Control (AGC)をもっと学ぶ