You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

麻酔中、患者様を安全に保つ

術後合併症を削減するための無気肺回避

患者様の健康な肺の維持

患者様の健康を回復、維持することは、医療の主な目標です。これは、無気肺のような麻酔に関連する潜在的な術後合併症を避けようとすることも含みます。

無気肺は、性別、年齢、健康状態、手術時間の長さに関わらず、手術を受けている患者様の90% [1] 以上に影響を与えるため、患者様の肺を保護することの重要性を示しています。

論文を読む

低酸素混合物の予防

従来の麻酔器は必ずしも低酸素ガスを防ぐとは限らないことをご存知ですか?

従来の低酸素ガードは、FIOが危険なほど低く(<21%)なることを防ぐために、フレッシュガス流量にアルゴリズムが使用されます。

研究の一つは、全患者の約93%が、低酸素ガードを備えていても従来の麻酔器の許容 FIOレベルを下回ったことを発見しました。[2]

論文を読む

なぜ低酸素ガスが発生するのでしょうか?

研究によると、一般的な低酸素ガードシステムは、低流量麻酔中、吸入気 O2濃度(FIO2)を維持できない可能性があることを示します。[3] こういった従来のガードシステムは、供給されるフレッシュガス流量に大気などの低酸素ガスが流入されるように設計されています。 

麻酔医が何も行動を起こさない場合、もしくは麻酔器が設定を能動的に変更しない場合は、FIOレベルが供給される O濃度よりも低くなり、患者様が危険にさらされる大きなリスクがあります。左の動画は何が起こるかを例示しています。

低流量麻酔中の低酸素ガスをいかにして避けるか

吸気ガス中の Oレベルが 21% より低下する前に臨床医が何も行動を取らなかった場合、アクティブ低酸素ガードシステムが介入します。アクティブ低酸素ガードは臨床医の設定を無効にし、低酸素ガスのさらなる供給を防ぎます。

アクティブ吸気低酸素ガードシステム O₂GUARD:さらに詳しく

参考文献

  1. 1. Tusman G, Bohm SH, Warner DO, Sprung J: Atelectasis and perioperative pulmonary complications in high-risk patients. Curr Opin Anesthesiol 2012, Feb;25:1-10

  2. 2. De Cooman, S., Schollaert, C., Hendrickx, J.F.A. et al. J Clin Monit Comput (2015) 29: 491. doi:10.1007/s10877-014-9626-y

  3. 3. Ghijselings, I.E., De Cooman, S., Carette, R. et al. J Clin Monit Comput (2016) 30: 63. doi:10.1007/s10877-015-9684-9