You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

肺保護換気による合併症および医療費の削減

すべての周術期臓器損傷をまとめると、米国で死亡原因の上位第3位になります。[1] 肺障害などの臓器損傷の予防によって、術後ケアを段階的に拡大する必要性を減らすことができるかもしれません。[2]

術後合併症の削減による経済的利点

術後合併症の医療費は、患者1人につき10,000〜34,000米ドルであると報告されています。[3] [4] 左のビデオでは、Frédéric Michard 博士が、いかにして肺保護換気の使用が、周術期合併症を削減することにより医療費を節約できるのか説明します。

主な肺合併症を低減

主な肺もしくは肺以外の合併症を発症した76人の患者中、72.3%は低一回換気量や PEEP の使用による肺保護換気を受けていないグループでした。[5]非肺保護グループ患者はまた、2.45日入院期間が延長しました。

New Journal of English Medicine に発表された試みについて

Garcia 教授がどのように術後合併症を 緩和するかを学ぶ

スペインのマドリードの世界クラスの麻酔科教授である Garcia-Fernandez 教授は、麻酔中、いかにして肺を守るかについて、教授の経験を共有しています。教授は、最新の研究を説明し、PEEP の推奨、肺合併症を低減するためのドライビングプレッシャー、一回換気量を議論しています。 

肺保護換気をより容易に適用できる技術の選択

ICU はすでにより精密で正確な技術を取り入れ、ピストン、バッグインボトル、ベローズのような古い換気技術から移行してきています。

なぜ手術室で、この同レベルのケアを適用しないのでしょうか?

患者様が必要とする肺保護ケアの提供について

参考文献

  1. 1. Karsten Bartels, et al. Perioperative Organ Injury. Anesthesiology 12 2013, Vol.119, 1474-1489.

  2. 2. Timmers, TK, Verhofstad, MH, Moons, KG, van Beeck, EF, Leenen, LP Long-term quality of life after surgical intensive care admission. Arch Surg. (2011). 146 412–8

  3. 3. Dimick JB, Chen SL, Taheri PA, Henderson WG, Khuri SF, Campbell DA Jr. Hospital costs associated with surgical complications: a report from the private-sector National Surgical Quality Improvement Program. J Am Coll Surg. 2004;199:531–7

  4. 4. Vonlanthen R, et al. The impact of complications on costs of major surgical procedures: a cost analysis of 1200 patients. Ann Surg. 2011 Dec;254(6):907-13.

  5. 5. Futier et al. A trial of intraoperative low-tidal-volume ventilation in abdominal surgery. N Engl J Med. 2013 Aug 1;369(5):428-37.