You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

適切な明るさの下で手術に集中できます

輝度管理プログラム(LMD) が
手術用照明器の照度を調節します。

この光学イノベーションによって、照度の調節なしに快適な視野を保つことができます。手術の開始から終了まで、術野の浅いところから奥深いところまで、照度は一定のままです。LMD の使用により、もはや照度を調整する必要はありません。 

輝度とは何でしょうか?

輝度とは、ある方向に向かって放射される、もしくは反射される光のことです。外科医にとって、輝度とは開口部奥底から反射される光のことです。出血や手術器具により、暗い面や明るい面は開口部内に突然現れます。照度の過度のばらつきは、外科医の能力や快適さを損ないます。

 

LMD がどう機能するか

LMD がどう機能するか

ご存知ですか?

真夏の日中の太陽は、50,000〜100,000 ルクスの光を放出します。当社の手術用照明器は、新規格に従い、最大 160,000 ルクスまで供給することが可能です。

Luminance Management Device の利点

LMDシステムは、外科医の目に届く照度を調整します。

手術終了まで一定の照度

LMDによって、照度の調節なしに快適な視野を保つことができます。医療スタッフが灯体をさえぎる場合でも、照度の不足が自動的に補正されます。LMD は、照度を低下させることなく、外科医の自由な動きを可能にします。

どの細胞組織に対しても同じ輝度

明るい組織、また暗い開口部奥底からの輝度は大きく異なります。LMD により、外科医はどの組織でも同じ照度レベルを得ます。術野深部が暗くなったり、大量出血した場合、輝度の低下が自動的に検出され、適宜、補正されます。

距離に合わせて自動調整

灯体を上下に動かした時も、外科医には同じ明るさが保証されます。一定の光量によって最も深い術野でさえも調節する必要なく、まっすぐな光を届けます。