You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

このウェブサイトにはクッキーが使用されています

このウェブサイトを引き続き使用することは、クッキーの使用に同意することを意味します。クッキーとその使用方法に関する詳細は、 Getinge個人情報保護方針をご覧ください。

紛争鉱物に関する Getinge の見解

当社製品のほとんどは、世界中の様々な供給源で生産された金属を含みます。一部の製品は、タンタル、錫、タングステン、金を含み、ほとんどのものは、当社製品に必要とされる電子機器です。しばしば 3TG と名付けられるこれらの金属は、長期にわたる内戦が進行中のコンゴ民主共和国(DRC)から一部供給されている可能性があるため、「紛争鉱物」として知られています。違法武装集団が、暴力行為の資金を調達するために、これらの鉱山と通過ルートを支配しています。

Getinge は、原材料の抽出に際し、直接的にも間接的にもこれらの武装集団を決して支持すべきではなく、その代わりに経済成長と開発に貢献すべきであると考えています。

Getinge は紛争のないサプライチェーンを使用することに専念し、紛争鉱物が当社製品に使用され、鉱物が紛争地域を原産地とする場合、紛争のない供給源から供給されることを合理的に保証するため、サプライチェーンに対してデューデリジェンス活動を実施します。

紛争鉱物の原産地に関する透明性は、前向きな発展を達成するために最も重要です。鉱物資源調達に関する適切な情報を決定するという当社の取り組みに対し、サプライヤーからの支援が必要であるため、Getinge  はこれらの問題についてオープンな姿勢を取ります。

DRC や他の紛争地域内での取引から広範囲な撤退することによって生じる意図しない結果を軽減するため、これらの地域において紛争のない 3TG 供給源を確立することは不可欠です。影響を受ける地域から紛争鉱物の責任ある調達を確保するメカニズムと、それを確立するための共同努力が必要です。