You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

Select Your Country or Region
送信
COVID-19 Resource Center

循環動態モニタ PulsioFlex

PulsioFlex product photo
Product Photo PulsioFlex
Product photo PulsioFlex

循環動態モニタ PulsioFlex

販売名:循環動態モニタ PulsioFlex / 医療機器認証番号:227ADBZX00185000

 

患者第一主義の応用性の高いプラットフォーム

循環動態管理が必要な患者の状態を「見える化」する、モジュール式プラットフォーム

概要

循環動態モニタ PulsioFlex - ゲティンゲ

PulsioFlex は循環動態管理が必要な患者の状態を「見える化」するモジュール式プラットフォームです。本体に搭載されている様々なアルゴリズムや必要なモジュールを選択することで、個々の患者に必要な循環動態を表示することができます。

  • 患者の治療に必要な情報を表示
  • 様々な臨床現場で使用可能(OR、ER、ICU)
  • 患者の容態に応じたアルゴリズムや必要なモジュールの選択が可能

製品の技術仕様は予告なく変更することがあります

本製品は欧州指令93/42/EECに基づいたCEマークを取得しています。

循環動態モニタリングに関する メールニュースを受け取る
循環呼吸動態について知識を深めよう 動画公開情報を受け取る

特長

見やすい表示画面

  • 高解像度の鮮明8インチ LED カラースクリーン
  • パラメータが見やすい黒い背景と広い視野角(>170°)

簡単な操作方法

  • タッチスクリーンでの操作と直感的なユーザーインターフェース
  • 用途に合わせて変更可能なパラメータのレイアウト

簡便な持ち運び

  • 本体の小型化と軽量化
  • 様々な方法での設置や取り付けが可能

将来的な拡張を見据えたプラットフォーム

  • 拡張性の高いモジュール式構造
  • 病院のシステムとの連携

ソリューション

Product proaqt

動脈圧波形解析法(連続心拍出量モニタリング):

  • 標準仕様の動脈圧モニタリングカテーテルに取り付け、連続心拍出量のモニタリングが可能
  • 手動もしくは自動でキャリブレーションが可能
  • 心拍出量は毎拍更新で、PiCCOのアルゴリズムを継承した動脈圧波形解析法をベースとして開始値を決定

* ProAQT®のQは血流を表す記号です

product picco

経肺熱希釈法と動脈圧波形解析法の組み合わせ:

  • 経肺熱希釈法によって較正後のリアルタイムなCOと一回拍出量の表示
  • 循環血液量(前負荷)と肺水腫の把握
  • 後負荷、心収縮力と輸液反応性

ScvO2連続モニタリング:

  • 標準仕様のCVカテーテルを使用した光ファイバー使用による測定
  • O2ER(酸素摂取率)の計算
  • 酸素需給バランスの評価(酸素運搬能 vs. 酸素消費量)

パラメータ

アルゴリズムとパラメータ

 


ProAQT


PiCCO


CeVOX

動脈圧波形解析法(パルスカンタ法)

心拍出量
CI, SVI
CI, SVI
 
輸液反応性
SVV, PPV
SVV, PPV
 
後負荷
SVRI
SVRI
 
心収縮力
dpmx
dpmx
 
拍出効率係数
CPI
CPI
 

経肺熱希釈法

心拍出量
 
CI
 
前負荷
 
GEDI
 
心収縮力
 
CFI, GEF
 
心肺機能
 
EVLW, PVPI, CPI
 
分光光度法
酸素飽和度や酸素運搬能
DO2I*
DO2I*
ScvO2,
DO2I**,
VO2I**

* SaO2とHb値の入力が必要です

** PiCCO もしくは ProAQT との併用時

測定方法

PulsioFlex® は、周術期および集中治療領域の循環動態モニタリングに柔軟に対応できるモニタリング・プラットフォームです。下記のように、患者状況に応じて適切なモジュールと組み合わせて使用します。

周術期および集中治療領域での循環動態のモニタリング:

ProAQT/CeVOX
  • 体内の酸素供給は安定しているか?
    CO Trend, ScvO2
  • 前負荷の増加により心拍出量は増加しているか?
    SVV / PPV

術前および術中の輸液の最適化:

PiCCO / ProAQT
  •  患者の循環血液量は適切か?
    CO、前負荷、肺血管外水分量、輸液反応性SVV/PPV

術後ハイリスク患者の組織酸素代謝の管理:

CeVOX
  • 低酸素血症状態にあるか? 
    連続ScvO2モニタリング

術後の循環動態管理:

PiCCO / CeVOX
  • 酸素供給は適切か?
    CO, ScvO2
  • 輸液負荷かカテコラミン投与か?
    CO、前負荷、心収縮力、後負荷
  • 前負荷の増加で心拍出量が増加しているか?
    輸液反応性 SVV / PPV
  • 輸液過剰負荷のリスクはあるか?
    肺血管外水分量

ダウンロード

個々の患者の状態に合わせてモジュール変更できる循環動態モニタリング

循環動態モニタ PulsioFlex カタログダウンロードはこちら

関連する製品

PiCCO

PiCCO で複雑な循環動態をシンプルに「見える化」します。

PiCCO 詳細

ProAQT

輸液管理を最適化します。周術期の循環動態モニタリングのナビゲーターです。

ProAQT 詳細

CeVOX

CeVOX は、分光光度法を用いています。

CeVOX 詳細