You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

COVID-19 Resource Center

医療従事者の方々に向けて、患者さんの治療に向けた各種関連情報を掲載しています。

詳しくはこちら

Tegris

Tegris OR Integration

Tegris

販売名:ティグリス / 届出番号 13B1X00176SW0038

Tegris は、手術室の様々な機器や装置を一元管理・運用することができます。余分なケーブル配線や複数のリモコン、また個別の電源供給やバッテリー充電も不要で、より安全で清潔な環境を作り出します。

手術室統合システム Tegris は、内視鏡、顕微鏡、術場・術野各カメラ、手術室外からのフィードなど、複数の各種ビデオソースを簡単に統合することが可能です。また、使いやすいインターフェースやHIS(病院情報システム)との統合により、手術中においても必要な患者情報を迅速かつ容易に入手できます。

概要

Tegris は、手術室で使用する各種映像の映像切替や音楽再生、データ管理、機器制御や各種カスタマイズ設定などをひとつのシステムに統合し、手術室環境とワークフローの改善に寄与するシステムです。

カテーテル室でのTegris活用

一宮市立市民病院では、カテーテル室でTegris を導入し、クオリティの高い画像の一元管理、作業時間の効率化などワークフローの改善に成功しています。

一宮市立市民病院のユーザーインタビューをダウンロード

患者ケアの質を向上

Acıbadem マスラック病院で、Tegris がどのようにデータセキュリティーを改善し、患者の安全性を高めてコスト削減に役立ったか、ケースストーリーをご覧ください。

Tegris ケースストーリー(英語)PDFダウンロード

これからの手術室に欠かせない Video-Over-IP

Video-Over-IP は、高解像度の画像を遅延なく送信するデジタル画像伝送テクノロジーで、高い拡張性も備えています。

高品質画像は患者転帰の向上や病院経営の効率化にも寄与します。さらに、高解像度の画像や映像は、これからの手術室における患者診断・治療の重要な要素であり、適切な技術的セットアップに基づくサポートが必要です。

手術室統合システムにおける Video-over-IP の重要性についてご紹介していますので、資料をご覧ください。

Video-Over-IP資料(英語)ダウンロード

主な利点

Getinge Tegris OR integration

手術室における最先端のビデオマネジメントと鮮明な画像

手術室内のすべての画像およびビデオソースを柔軟に切り替えることが可能な Tegris は、手術スタッフが必要な時に、必要な場所で、必要な画像に素早く簡単にアクセスできるようにすることで手術ワークフローを最適化します。高水準のケアをサポートするために画像信号や解像度にかかわらず、最適化された高品質の画像を提供します。

また、Tegris でプリセットおよびモニター信号ソースを簡単に割り当てることにより、さらなる効率性を図ることができます。例えば、様々な手術状況や手術スタッフの優先事項に応じて、簡単に映像を切り替えることが可能です。さらに Tegris は、標準的なビデオ出力を持つどのようなビデオモバイルカートのモダリティにも接続が可能なため、スタッフは手術室の技術機器の管理に時間を費やすのではなく、患者ケアに集中できるようになります。

 

IWS Integrated Workflow Solutions, Tegris or integration, surgeon is looking on monitor

安全で衛生的かつ合理的な手術室を支援するために

Tegris は、様々なデバイスを一元管理、構成し、ケーブル配線の省スペース化を図ることで、より安全で無駄のない手術室環境を作り出します。

また、各種機器の操作・設定を一箇所で行えることから、スタッフのワークロードを軽減、効率化します。

Tegris は、手術室で使用するために設計、テストされています。医療グレードのデバイスやインテリジェントなケーブルマネジメントから、洗浄が容易な壁面設置モニターのインテグレーションまで、 Tegris はお客様のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

Doctor during operation Tegris IWS

患者へ意識を集中させることで
より適切なケアを可能に

手術室の機器を統合させることで、手術室内のスタッフは患者に意識を集中させることができます。さらに、 Tegris は手書き入力の頻度を削減し、手術のすべてのプロセスを通してサージカルチェックリストを容易に利用できるため、患者の安全性と業務の品質向上に寄与します。

Nurse using the IWS Tegris

将来を見据えた手術室を

Tegris は、画像ソースが限られた手術室でも、画像完備のハイブリッド手術室でも、お客さまのニーズに合わせた設定が可能です。基本的な映像切替から手術室内各種機器の管理まで様々な接続が可能ですが、必要に応じて機能を選択いただけるモジュール構成のソリューションとなっています。

主な特長

4K-UHD適合性

患者の安心に貢献する技術

フルハイビジョン映像に比べて画素数が約 4 倍となる 4K-UHD 技術は、外科領域においてますます重要な役割を果たしています。より精細でクリアな画像は、他に類を見ない被写界深度を作り出すことが可能です。

4K-UHDの技術は10億色以上をサポートしており、HD画像の64倍にものぼります。特に重要な赤色および黄色の組織に関して、より高い色再現性をもつ画像を表示できます。外科医はよりよい画像情報が得られることで、処置の際により適切な意思決定を行うことができます。このため患者の臨床転帰の改善にもつながります。

柔軟な映像切替と文書化

手術への統合が直感的で効率的に

Tegris は、直感的にわかりやすいインターフェースを介して、手術の一元管理および設定を行うシステムです。

ボタンを押すだけで、モニターに異なる信号ソースを個別に割り当て、必要な信号ソースや表示設定をプリセットし保存することができます。特別な手術手順や固有の選択が生じる時でさえも、迅速に手術をセッティングすることが可能です。

 

また、Tegris は、手術の記録を2つの独立した映像に録画することができます。

例えば、ピクチャー・イン・ピクチャー( PiP )機能を使って複数の映像ソースを1画面に表示し、2、3、4個の映像ソースを同時に表示、または記録することができます。

ITインテグレーション

病院 IT システムともつながる手術室統合システム

Tegris は DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)形式にも対応しています。HIS(Hospital Information System)に容易に接続が可能なため、手術室内のスタッフに迅速かつ容易に患者情報を提供できます。取得した画像、ビデオ、文書はすべて、DICOM アーカイブにエクスポートすることが可能です。

室内・機器操作

簡単で効率的なOR機器の管理

Tegris は、手術台、照明、温度、換気、音楽など手術室のすべての機器・機能のマネジメントを統合して行うことが可能です。手術室内のスタッフは、ボタンひとつで手術室の全ての機能を操作することができます。

手術室を越えたコミュニケーション

ライブストリーミングで、遠隔での研修や授業が可能に

Tegris の主な特長のひとつに、研修や専門医師のコンサルテーションに対して手術室から院内、あるいはオフサイトの他の地域へライブ映像やビデオを送信するというものがあります。ビデオストリーミングにより、知識とベストプラクティスをリアルタイムで共有することが可能になり、外科医と外科研修医の成果を最大限に引き出すことができます。

 

Room-to-room コミュニケーション

ビデオや画像を隣室スタッフと共有する際、アーチファクトや画像遅延は生じません。

新機能では、他の手術室のスタッフと話しながら、最大4K UHD までの解像度画像を共有することができます。

 

Tegris ユーザーインターフェース

ユーザインタフェース要素

Tegris では、カスタマイズ可能な単一のユーザーインタフェースから手術室全体を管理することができます。モジュールオプションを追加した場合も、直感的で使いやすいインターフェースに変わりはありません。このような Tegris の汎用性により、ワークフローを整理し、手術室内のスタッフが患者のケアに集中できるよう、ワークフローの効率化を図ることができるようになります。

画像上をスクロールして、様々なユーザーインタフェースをご体感ください。

Header
  • Continuous display of important key patient data
  • By tapping on patient’s name more data can be shown
  • Patient data overlays can be displayed on all monitors
Content
  • Screen colors are intentionally muted to avoid unnecessary distractions
  • Intuitive user interface remains intuitive, regardless of selected function
Workflow Menu
  • Divided into three stages for maximum clarity: pre-op, intra-op and post-op
  • User is guided through entire OR workflow - from start to finish
  • Each step of the OR workflow is configured to the customers’ needs at installation time of the system
  • Surgical safety checklists are integrated
Quick Access
  • Directly access a function by simply tapping the button
  • Rapidly access frequently used functions, saving valuable time during or between procedures
Direct Access
  • Access all functions of the system, no matter whether they are available in the workflow menu or not
OR name and availability status
  • Define, how the OR team is notified about incoming calls for room-to-room communication and conferencing

Tegris がワークフローを合理化する方法

Tegris を通じて日々の仕事をどのようにサポートできるか、動画をご覧ください。

機器操作

Tegris のインターフェースから、レコーダー、手術室内の機器、部屋の調整などを一括制御できます。

手術台の操作

手術用照明器

室内機能操作

カメラの操作

リモートインターフェイス

内視鏡検査の統合

文書化

患者データ、画像、ビデオをその場で保存し、DICOM フォーマットのデータを直接読み込むことができます。

患者マネジメント

記録

Endosnap

最終化

映像切替

HD 画像やビデオの2系統のソースを同時に取り込み、映像の記録と配信を行います。

PIPビデオ管理

映像切替

モニター & タッチスクリーン

コミュニケーション

手術室内外に画像・映像コンテンツを共有することで、他部門などとのコラボレーションやトレーニングが容易になります。

ライブ配信

ダウンロード

手術室統合システムの詳細と、手術室内ワークフローを改善するためのGetinge がご提案するソリューションについて、下記カタログをご覧ください。

日本語カタログダウンロード

関連する製品

INSIGHT 手術用

INSIGHT 手術用は手術部門のスタッフワークフローをサポートし、患者の入室から退室までの全体のオーバービューを提供します。現在進行中の各手術室内ステータスも一目で確認できるようになっています。手術の変更やキャンセル情報もすぐに関係部門に共有されます。

INSIGHT 手術用:詳細へ

Maquet Magnus 手術台システム

患者と手術チームの両方に適したサポートを提供します。

Maquet Magnus:詳細へ

統合ワークフローソリューション

患者様の回復が、すべての医療従事に費やした時間を価値あるものにします。患者フロー管理、手術室統合、滅菌サプライ管理における IT ソリューションによって、世界中の患者様がより良く安全な時間を過ごすことが可能です。

統合ワークフローソリューション:さらに詳しく